外科手術

たちばな動物病院で手術をするメリット

痛みを限りなく軽減した手術を

手術室当院では疼痛管理を行っています。疼痛管理とは痛みのコントロールを行うことです。痛みのコントロール方法には様々な方法があります。重要なのは、術前、術中、術後において“鎮痛剤を使っていくこと”です。痛みのレベルに応じて、様々な薬剤を組み合わせて使用します。疼痛管理が行われているのといないのとでは、動物の負担に大きな違いが出ます。

すべての動物は、人間同様痛みを感じます。当然、手術をされて痛みを感じない動物はいないです。しかし、動物は痛みの状況を言葉で伝えることができません。だからこそ、手術を行う獣医師が、状況に応じてしっかりとペインコントロールする必要があります。痛みを最小限に抑えるためには、手術時間の短縮もとても重要なポイントです。
当院では、複数の獣医師によって手術を行うなどして、手術時間を可能な限り短縮できるよう尽力しています。麻酔の影響がなくなるまで、入院でしっかりと動物たちを見守りますので、安心してお預けください。

対応可能手術

手術のシーリングシステム当院では、様々な手術を行っています。難しい手術に関しては、専門の病院をご紹介することも可能です。当院での手術も対応可能なので、ご希望される方は、お気軽にご相談ください。

手術時の注意点

手術当日だけでなく、手術前日、手術後と段階に応じて注意すべき点が変わってきます。

手術前日

  • 夜10時以降は食餌を与えない
  • 夜12時以降は飲水を与えない

手術は全身麻酔で行うため、麻酔の際に嘔吐することもあります。手術中の嘔吐は窒息につながるケースがあり、大変危険です。手術前日の絶食は必ず行って下さい。もし、動物が何かを食べたり飲んだりした場合には、手術を延期しますので、遠慮なくお申し出ください。

手術当日

  • 朝は絶水・絶食する
  • 朝9時過ぎに来院する

手術前には、血液検査やレントゲン検査で動物の状態をチェックします。万が一異常が見つかった場合には、手術は延期になる可能性もあります。手術前の検査だけで1時間ほどお時間が必要になります。また、動物をお預かりする前に、内金のお願いをすることもございます。あらかじめご了承ください。

手術後

動物や病気の種類により手術後の回復は異なります。

  • 激しい運動は避けること
  • 安静・清潔を保つこと
  • 処方したお薬は必ず飲むこと

これらを必ず守ってください。